和歌山県立自然公園「白崎海洋公園」

"日本のエーゲ海"とも称される白の海岸美

日本のエーゲ海とも称される白の海岸美

由良町は和歌山県のほぼ中央に位置し、東は緑の山々に囲まれ、西は紀伊水道に面した豊かな大自然が広がる町。その西側で、町の姿を一変させ悠然と佇むのが「白崎海洋公園」です。国道42号から車を走らせること約20分、海沿いの県道にでると風景が様変わりします。太平洋にのびる群青の海と、太陽に照らされて白く輝く海岸線。"日本のエーゲ海"とも称される海岸は、人間が地球に誕生するさらに昔、約2億5000万年前にできたものだといわれています。

白崎観光を満喫するレジャー要素もいっぱい

白崎観光を満喫するレジャー

白崎海洋公園は、和歌山県の自然公園にも指定。県内に13ある自然公園の中でも、青い海と白く輝く海岸線のコントラストが美しく、より印象深い自然景観として注目を集めています。白亜の岩壁は、地球の変動が生み出した太古の石灰岩。太平洋に突き出したその先端には、24時間利用可能な「白崎海洋公園道の駅」があり、園内にはダイビングなどマリンレジャーの拠点となる「白崎海洋公園クラブハウス」のほか、アウトドアレジャーを満喫できる「オートキャンプ場」、「ログハウス」、「コンテナハウス」も設けています。

特集情報

おすすめ情報

ページのトップに戻る